行政の皆様のメリット

健全な財政、健全な社会、健全な未来へ!

  • 財政負担を大幅に軽減できます。
    介助作業の生産性向上
  • 在宅介護への展開を容易にします。
    家族の負担(時間、費用、精神)軽減
  • 介護業界の活性化に繫がります。
    新しい介助方法・ツールの開発とモチベーションの向上

参考:費用効果シミュレーション(月々の費用比較)

「夢神楽」を導入すると、費用負担を抑えることができます。

在宅介護における効果-1

  • ご利用者様のQOL(生活の質)が向上
    • いつでも入浴、いつも清潔、気が向いたらリフレッシュ。
    • 入浴は、スキンケアやメンタルケアに大変良いとされています。
    • 温もりのあるデザインで快適な生活空間を演出します。
  • 自立支援の向上
    • リハビリツールの設置可能、入浴との相乗効果が期待できます。
    • 自立心の助成。(内発的な自立を支援します)
      • 例:「入浴は気持ちが良いから、ゆったりとした入浴をしたい。」という気持。
      • 無理矢理に嫌がるご利用者様を移動させる必要がなくなります。
  • 安全衛生の向上
    • 入浴に伴う事故(転倒や溺れ)を軽減します。
    • 介助される方の腰痛を予防します。

在宅介護における効果-2

作業負担の改善(入浴・排泄・食事補助)

  • 介助者される方を重作業から解放し作業性を向上できます。
    • 効率と品質を両立させた新しい介助方法を提供します。
      • 入浴、食事、排泄、の方法
      • リハビリ、リラクゼーション、娯楽、プライバシー、への応用
    • 介護の質が向上します。
      • 負担が軽減し、心にゆとりが生まれ、心のこもった介助ができるようになります。
  • 費用負担を軽減できます。
    • 現状3人で1時間の訪問入浴が、1人で1時間弱の訪問介護に改善されます。
    • 例えば、
      • 現状:1週間に1回の訪問入浴の場合
        (15,000円×4回=60,000円)が毎月継続+ベッドレンタル15,000円が毎月継続
      • ご購入後:1週間に1回の訪問介護にした場合
        (4,000円×4回=16,000円)が毎月継続 +ベッド費用54,000円が36ヶ月で終了
        月々約5,000円改善され、更に36ヶ月後にはベッド費用54,000円も改善されます。
      • (注)
        購入価格180万円を3年分割払いでの概試算です。
        介護保険補助分と個人負担分を合算した概算値で、細部は自治体によって異なります。

参考:在宅介護の環境を改善で在宅をあきらめない!

「夢神楽」で介護メニューの選択の幅が広がる為、
介護保険補助の有無を考慮しても、経済効果が出る場合があります。

介護事業者様における効果-1

収益性の改善と介護職のモチベーションの向上の両立

  • 作業性の改善(入浴・排泄・食事補助)<施設の場合>

    • 効果試算:10床で毎日入浴の場合
      • 入浴・排泄・食事補助に関わるトータルの時間が、
      • 1日当たり20時間が10時間に削減(1日当たり10時間の改善)
        • 入浴:2人で45分が1人で45分、食事や排泄補助の時間も半減、
      • 10時間(改善)×3000円(時給)×25日(稼働日)=75万円/月
      • ⇒2年で夢神楽の投資回収ができます(購入価格180万円/台の場合)
        • (参考):現状3人で1時間の訪問入浴が、1人で1時間弱の訪問介護に改善されます
  • サービスの質の向上による新しい付加価値を提供
    • いつでも入浴やシャワーができることによる新しい介助方法の開発
    • 介護職員の定着率の向上によりエキスパートが育つ
      • 重作業からの解放と作業性向上による報酬改善

介護事業者様における効果-2

  • 安全衛生の向上
    • 介護職員の腰痛予防
    • 入浴での移動に伴う事故(転倒や溺れ)の撲滅
    • 院内感染(疥癬など)の予防 <施設の場合>
  • ご利用者様のQOLの向上
    • 毎日入浴でいつも清潔でリフレッシュな状態を提供
    • 褥瘡(床ずれ)の予防と治療促進、認知症の進行抑制
  • 自立支援の向上
    • リハビリツールの設置可能、入浴との相乗効果を生み出す
    • 豊かなインテリアとのコンビネーションで内発的自立心の助成
      • (例:座り心地の良い椅子に移動したい、入浴をしたい)

「夢神楽」五つの不安にお答えいたします。

Q: 在宅介護を強要しているのでは?
A: 在宅介護のサービスの選択の幅が広がります。
QOLの向上と、介護負担の軽減、財政負担軽減の両立が可能です。

Q: 寝たきりを助長しているのでは?
A: 自発的な自立支援への足掛かりになります。
リハビリツールと入浴効果と快適な居住空間を提供します。
嫌がるご利用者様を無理に移動させることが無くなります。
入浴の良さを改めて実感し、ゆったりとした入浴への移動を即すことが容易になります。

Q: まだ寝たきりでないのに「縁起でもない」のでは?
A: 温もりあるベッドから将来の安心へ、保険の一つです。
介護状況に応じて順次機能追加ができます。

Q: 介護保険が使えない、高額で手が出ないのでは?
A: お金では買えない家族の絆の復活の機会を提供します。
更に、介護保険が使えなくても、介護メニューの選択で経済効果がでます。

Q: 購入の場合もし短期で不要になったら、もったいないのでは?
A: 通常のベッドとしても魅力です。また使用年数と状態に応じた、下取りができるようにしてまいります。

Copyright(c) 2017 ウェルケアベッド All Rights Reserved.